釜石お店なう

トップページ リンク お問い合わせ先

お客様向け情報

【業種別】 グルメ ショッピング 宿泊 美容 理容 写真 レクリエーション 貸衣装 バイク 教室 観光案内 宅配 リフォーム・修理 タクシー クリーニング 健康 葬儀関係 【店名別】 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
【地区別】甲子・松倉・野田 定内・新町 小佐野・小川 上中島・中妻 鈴子 大渡・大町 大只越・只越 浜町・新浜町 鵜住居・栗橋 大平・平田・唐丹
【仮設店舗】復興天神15商店街 鵜(うーの)!はまなす商店街 青葉公園商店街 平田パーク商店街 釜石はまゆり飲食店街
【企画・催事】リンク集 発行冊子ダウンロード

事業者向け情報

各団体からの支援情報 がんばろう!岩手.com(外部リンク)

レクリエーション

那須川釣具店(二本松石油)



掲載情報確認日:2019/11/05


9月11日より鵜住居町の「うのポート」で
釣り具、釣りえさの販売を行っています

CIMG0413












CIMG0411











CIMG0414


























この時は三連休前で、新鮮なイソメも準備してありました
私は近くで見るのが苦手で、写真撮影も一瞬で終了せざるを得ませんでした


CIMG0425













その他、タイヤの販売やタイヤ交換・修理、灯油の配達も行っているそうです


CIMG0419
続きを読む

Welcome 釜石


今年はいよいよラグビーのワールドカップが開催されます
ぜひ釜石に来ていただいて、鉄と魚の街である釜石の風景、街並み、特産品などを堪能してもらえたらと思います
この度、釜石商工会議所では“Welcome 釜石”と題したプロモーションビデオを作成しました
1人でも多くの人に見ていただき、釜石に来てもらえるきっかけになれば幸いです

※プロモーションビデオはトップページからご覧いただけます

孤松窯(こしょうがま)

掲載情報確認日:2019/01/11

CIMG0171













前回の更新から時間が経ってしまいましたが、続きです
カップやコーヒーカップ、湯呑みや鉢などシーンに合わせてお好きな形のマイカップが選べます




CIMG0174













上段の深めのカップをティーカップとして使うのもいいですし、お酒を入れて飲んでもいいですね
下のコーヒーカップは色合いがとっても素敵なので、家族で色違いで持つと暮らしに彩りが添えられていいかもしれませんね



CIMG0176













こちらの鉢は、底が深いので、汁が多めの煮物やちょっとした丼ものにも使えそうですね





CIMG0202













こちらは工房の中です
まだ色を塗る前の状態の茶わんたちが並んであります





陶芸教室は電話をいただければ開くそうで、料金は1人¥1,600(税込み)とのことです
所要時間は1時間前後で、商品は約1ヶ月で完成するそうです(完成後は基本取りに来てもらいますが、郵送も可能だそうです※郵送の場合は着払いになります
特に抹茶茶わんを作るのが人気だそうです







掲載情報確認日:2018/10/29

陶芸教室も行っている陶磁器を製造販売するお店です

CIMG0193













お店や陶芸教室は山に囲まれた自然豊かで閑静な場所にあります


CIMG0209
























もし分からなければ孤松窯さんへ電話して聞いてみてください
電話番号は、0193‐26‐5319
です






CIMG0157













お店に入ると展示室のような空間に色んな陶磁器が並べられてあります
少しずつご紹介していきましょう





CIMG0149













こちらは半月の形をした半月皿
和食や和菓子などを盛り付けたら様になりそうですね




CIMG0152













こちらはお抹茶を飲むのに使う抹茶碗




CIMG0154













何とも言えない妖艶な色の模様に引き込まれますね
こちらのお店では、陶磁器の形の美しさよりも色彩に重点を置いて製造しているそうです
店主の海老原さんは大学を卒業後、兵庫県の丹波立杭で陶芸家「大上昇氏」に師事し、3年間修業をした後、昭和61年に地元の釜石市平田で開窯したそうです
開窯以来、多くの作品を作り、様々な展示会に積極的に応募してたくさんの受賞歴があります
例えば、岩手産業まつりでは金賞・銀賞・銅賞のタイトルを獲得し、岩手工業美術展では工芸大賞・会長賞・協会賞を受賞さらには、全国的な規模である全国公募陶芸財団展で奨励賞を受賞し、陶芸界の最高峰である日本陶芸展では入選された実績があるそうです






CIMG0159













確かに色んな陶磁器が色彩豊かで見ているだけで楽しいです





CIMG0164













一輪挿しの色使いや模様も素敵ですね
家に1個あれば、お家の中の雰囲気が和みそうです




CIMG0165













心が和む淡い色とキリッとした黒の盃、どちらで飲むお酒も美味しく感じられそうですね



次回も引き続き、孤松窯さんのご紹介をしていきますのでどうぞお楽しみに










続きを読む

千丈ヶ滝養魚場


ヤマメ、イワナの養殖を行っています


掲載情報確認日:2017/11/16

IMG_0731













こちらはヤマメの1年魚で、小ぶりのものになります
こちらは現在育成中のため、2月からの販売になるそうです




IMG_0734













そしてこちらは、イワナの4年魚4年も経つとこんなに大きくなるんですね
淡水魚は海の魚と比べて臭味が少ないので、お刺身としても美味しくいただけるそうです










掲載情報確認日:2017/07/20


昨年に引き続き、千丈ヶ滝のつりぼりへ行ってきました~


CIMG5505














7月25日(火)~8月20日(日)まで夏期特別営業ということで、一足先に行ってきました
料金お1人様500円で竿代・エサ代に、ニジマス2尾がもれなく付いてきます
※ニジマス3尾目からは別料金で、100gあたり150円が追加されます




CIMG5479













生け簀ごとにニジマスやヤマメが泳いでいます
昨年来たときは、お魚たちが全然人馴れしていなく、生け簀を覗くとパーッと逃げていきましたが、今年は昨年とは歴然の差で、たくさんの魚たちが寄ってきては、私たちの後を追いかけて来るほどでした





CIMG5483













こちらの生け簀のお魚たちは、近づくと興奮して暴れておりました






BlogPaint













その結果、昨年は1匹も釣れなかった私ですが、今年は開始5分もしないうちにニジマスを1匹ゲットすることが出来ました従業員の方によると、なんでも、ニジマスは釣れやすい魚ということで、お話の通り、その後すぐにもう1匹釣ることができたのです
エサに引っかかって竿がしなる、あの手の感触はとても興奮ものでした~
エサは、ちくわやイカを細かくしたもので、自分で簡単に付けやすく、釣った魚を自分で取り外せない方は従業員さんが取り外してくれますので、女性にもおススメです

ヤマメは上級者向けということで、挑戦してみましたが、エサに近づく気配はあっても全く喰いつかず、しばらくねばってもダメでした・・・
我こそはという方は、ぜひ挑戦してみてください




CIMG5511













釣り上げたお魚たちは、1尾100円でその場塩焼きにしてもらえます
また、釣ることはできないですが、1尾350円でアユの塩焼きも食べられます


CIMG5514













その他、1セット1,000円でバーベキューセットをレンタルすることができ、お肉なども持ち込み可能なので、お魚だけでなく、みんなでワイワイしながら食事を楽しむことができます
焼肉ももちろん美味しかったですが、焼き立てのアユの塩焼きや自分で釣ったニジマスの美味しさは格別でした

7月25日~8月20日までの夏期特別営業中は、月曜日を除いて毎日営業するそうです
<営業時間>午前10:00~午後4:00 ※受付は午後15時までとなります。


夏期特別営業が終われば、土日祝日のみの通常営業に戻ります










掲載情報確認日:2017/03/31



淡水魚の養殖・販売を行っている会社です
2016年からは、つりぼりも始めました







掲載情報確認日:2016/07/27

千丈ヶ滝つりぼりにて~Part②~


image1[2]
























この日はオープン初日でお魚が人慣れしていないせいか、しばらくこの感じでなかなか釣れず・・・
しかし、釣れる人は一度釣れると何度も釣れ、私のように釣れない人は最後まで釣れなかったのでした










CIMG4217













釣れたニジマスや生け簀からすくったイワナやヤマメは、小屋の中の電気グリルの上で焼いてもらいます








CIMG4194













お飲物・お弁当などの持ち込みは自由とのことで、この日はおにぎりとお茶を持参して、焼きたてのニジマス・イワナ・ヤマメを頬張りました
焼き上がったお魚は塩加減もちょうど良く、大自然の中でいただくとより美味しく感じられました









掲載情報確認日:2016/07/22


千丈ヶ滝つりぼりに行ってきました~~Part①~
CIMG4219













千丈ヶ滝つりぼりへの行き方は、釜石市内からですと、鵜住居方面へ向かい、鳥谷坂トンネルを過ぎて2つ目の信号を左に曲がります
しばらく道なりに進んでいくと「山佐運送」という会社の看板が右手に見えますその分かれ道に上の写真の看板がありますので、そこで看板の案内通り右に曲がります




CIMG4220























CIMG4221













その道をまっすぐ走っていくと・・・


CIMG4189













千丈ヶ滝つりぼりに到着します



CIMG4170













いくつかの養殖池が並んであります



CIMG4184













池の中を覗いてみるとたくさんのニジマスが泳いでいます











豊かな緑、透き通る清流、マイナスイオンに囲まれた
千丈ヶ滝つりぼり7月21日(木)にオープンします


ご希望の方には、その場で塩焼きしてもらい食べることができます 

釣らなくても、池からすくったイワナやヤマメを塩焼きにして食べることも可能とのことです
お飲み物、お弁当等の持ち込みは自由だそうです
ゴミはお持ち帰りください

続きを読む
  • ライブドアブログ